【松山市】 遺品整理とは

こんにちは。

 

8月のお盆の月になって参りましたね。

 

皆様、お墓参りに帰省されたり、ご実家に帰ったりと計画を立てられている頃でしょうか。

 

遺品整理のお仕事をさせていただく中で、ご依頼の多くなる時期がやはり8月です。

 

親族の皆様が帰省されて集まる時期であり、それまで置いておいたご両親のご遺品などをどうするか話合いが行われることが多いですね。

 

最終、決断されてお片付けなさるものをネグムにご依頼いただいております。

 

 

なかなか、ご遺品の片付けは簡単ではなく、「想い」も共に整理することになりますから、お時間も必要です。

 

私共スタッフも、その想いを受けて丁寧に整理に携わらせていただく事を信念としております。

 

 

先日、テレビで「遺品整理の考え方」をお坊さんに尋ねるという番組を見ました。

 

今まで、沢山の遺品整理に立ち合せていただき、お客様の想いを感じる中で「ご遺品」とどう折り合いをつけるかがとても難しいと感じておりましたが、

 

この番組のお坊さんのお話が、とても分かりやすかったので、ちょっとご紹介させて頂きます。

 

 

まず、遺品整理の仕方は・・・・・「残す物」  と  「整理する物」  に分けるところから始まります。

 

「残す物」とは・・・自分の人生を前向きにする物

 

「整理する物」とは・・・仏に返し供養する物

 

との、区分けです。

 

「残す物」は、それを持っている事で、自分の人生において前向き(頑張るぞ)と思うことができることが大事で、衣類などでも一部を切ってお守り代わりに持っておいたり

 

着物などは、人形や服に作り変えるなど、自分に合った利用の仕方で残すと良いようです。

 

ただ、持っていることで故人を思い出し、悲しみにくれてしまうという場合は、「整理する物」にする方が良いようです。

 

「整理する物」としてご供養することで、念や想いを故人に届ける供養となり断ち切ることで、前向きになれるということです。

 

故人はご遺族様の幸せを常に望んでいらっしゃるので、悲しみにくれるよりも断ち切ってご自分の人生を前向きに歩んで欲しいと思っているということのようです。

 

 

まずは、「残す物」と「整理する物」の区分けから始められてはどうでしょうか。

 

次回は「整理する物」をどうしたらいいか・・・ということについても、良いお話がありましたのでご説明したいと思います。

 

 

しかし、ご遺族様も人手がなかったり、時間がなかったりとゆっくり整理することが出来ない場合も多いと思います。

 

そんな時は、是非ネグムへご相談下さい。

 

ご遺族様に代わって、専門スタッフが丁寧に整理させていただきます。

 

 

【ネグムは「人」「物」「自然」をつなげるお手伝いをします】

 

~*~ネグムに出来ること~*~

不用品回収・買取 ・ 粗大ゴミ処分 ・ 生前整理 ・ 遺品整理 ・ 福祉整理 ・ 清掃業務

事務・厨房買取・回収 ・ パソコン・モバイル買取・処分

 

個人様から法人様まで、少量・多量関わらずご相談ください。

 

フリーダイヤル:0120-566-223

 

【松山市】不用品回収・遺品整理のネグムまで、お電話お待ちしております!!