ブログ|不用品回収・ゴミ処分のグロー

sp menu btn

【松山市】不用品回収の費用を安くする為にしておく事前準備

投稿日:2019年02月12日

 

こんにちわ!

 

不用品回収・ゴミ処分のグローです。

 

引越しのシーズンが近づいて参りました!

 

弊社へのお問い合わせも日に日に多くなって

 

きております。

 

本日は不用品回収をご依頼頂く前にお客様に

 

行っておいていただきたいとこをお伝えした

 

いと思います。

 

お願いと言うよりは、この準備をしておいて

 

くれれば費用を抑えることができますので、

 

よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

と言っても、行っておいていただきたい

 

ことは1つだけです。

 

それは「ある程度の分別」です。

 

タンスやベッド、炊飯器、レンジなどのある

 

程度の大きさのものは良いのですが、ゴミ袋

 

に入るその他の一般生活用品、雑ゴミなども

 

一緒にご依頼頂く際には、ある程度の分別を

 

してゴミ袋にまとめておいていただけると、

 

費用を抑えることができます。

 

ではその分別についてご説明していきます。

 

 

 

 

 

① プラ・ペットボトル・その他可燃ゴミ

 

通常であれば「プラ」や「ペットボトル」の

 

分別が必要ですが、弊社にご依頼いただく場合に

 

はその分別が必要ありません。

 

簡単には「燃えるゴミ」は全て可燃ゴミで大丈夫

 

です。

 

例えば、洋服、靴、洗面器、プラスチック製品

 

全般、燃える雑ゴミなどです。

 

基本、電気・電池を使用することなく、かつ金属

 

やガラスの割合が少ないものは全て可燃ゴミで

 

大丈夫です。

 

 

 

 

 

② 金属・ガラス類

 

鍋やフライパン、空き缶、コップ、花瓶、電球、

 

蛍光灯などの金属・ガラス類は「金物・ガラス」

 

としてゴミ袋にまとめて置いてください。

 

こちらは日常行っている分別と同様となります。

 

 

 

 

 

③ 埋立類

 

ご家庭でよく出るものとしては、電池、磁石、

 

食器、花瓶、植木鉢などではないかと思います。

 

基本は陶器で出来ているものは「埋立ゴミ」に

 

なりますので、埋立ゴミとして1つの袋にまとめ

 

ておいてください。

 

 

 

 

 

④ 雑誌、書籍

 

可燃ゴミでまとめると非常に重くなるので、

 

雑誌や書籍は別にしておいていただけると

 

ありがたいです。

 

チラシやビラなどの雑紙は可燃でも大丈夫です。

 

 

 

 

 

⑤ その他分からない物

 

分別をしているとどの分類になるか分からない

 

ものが出てくると思います。

 

それは「分からないもの」としてまとめておい

 

ていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

以上が、行っておいていただきたい分別です。

 

ある程度だけでも行っておいていただけると

 

費用はグンと抑えることができます。

 

 

 

 

 

勿論、お客様が分別をしていなくともご依頼

 

を承ることは可能です。

 

その際には弊社のスタッフが分別を行わせて

 

いただきます。

 

ただその分別の費用が別途必要になってきま

 

すので、費用を少しでも抑えたい場合には

 

上記の分別を行っていただくと分別の費用を

 

削減することが出来る。ということになって

 

おります。

 

 

 

 

 

もし分別について分からないことがありまし

 

たらお問い合わせください!

 

どの分別になるのかをお電話でご説明させて

 

いただきます!